沿革


会社概要 / 沿革 / 工場概要

昭和12年
大阪市大正区に貴島有機研究所として設立。
石油副産物の精製加工及び蝿取剤の製造販売を開始。
その後、工場を大阪市東淀川区に移し、切削油、各種グリース
ワイヤーロープグリース及びオキシ脂肪酸エステルの製造販売を行う。
昭和15年
資本金10万円の株式会社山文油化研究所を設立。
昭和16年
吹田市西御旅町に移り、終戦の年迄海軍監督工場として
航空機マグネットグリース、ワイヤーロープグリース、切削油、焼入油等の製造に従事。
昭和23年
資本金を100万円に増資し、山文油化株式会社と改称し、石油加工油全般に亘り製造を拡大。
昭和27年
防錆油、金属工作油、鉄鋼圧延関連油の製造に着手、更にゴム用油剤の製造を開始。
昭和35年
グリース製造のJIS表示工場の認定を取得。
昭和55年
資本金を4500万円に増資。
平成 6年
第6工場を増設し、高粘度のペースト製品の製造を開始。
平成13年
ISO9002の認定を取得。(現在ISO9001:2008へ移行。)
平成17年
ISO14001の認定を取得。